RECYCLE

処分・リサイクル事業

HOME | 事業紹介 | 処分・リサイクル事業

廃棄するものは最小限に
資源として再び活かすものは最大限に


処分・リサイクル事業では、独自のリサイクルプラントで、収集した廃棄物の選別、圧縮、破砕など、中間処理を行っています。廃棄物資源化へ向け、様々な取り組みを行っています。
2つのリサイクルプラント、RE-BORN、RE-BORN2010は、再生、再び生まれる、という意味を込めた、大谷清運独自の中間処理施設です。地球環境に関わる企業として、廃棄物の回収から、さらに進んだ取り組みをしたい、という想いから建設されました。廃棄物の、選別、圧縮梱包、破砕、圧縮固化を行い、適正に処理し、再資源化工場や最終処分場に搬出しています。

RE-BORN、再生、という名前に託された想いが実現したプラントです。

RE-BORNでは、杉並区、墨田区、足立区、葛飾区から回収された、廃ペットボトルと容器包装リサイクル法のその他プラスチック(プラスチック製容器包装のペットボトル以外のプラスチック)を扱っています。

容リプラの
圧縮・梱包(1号機)

処理能力/13.6トン  
1ベール:
240〜260kg 
 
W110cm×D110cm×H105cm

容リプラの
圧縮・梱包(2号機)

処理能力/27トン  
1ベール:
260〜320kg 
 
W110cm×D110cm×H105cm

ペットボトルの
圧縮・梱包

処理能力/6.59トン  
1ベール:
20〜22kg 
 
W35cm×D70cm×H45cm

 

 

RE-BORN2010では、主に、産業系廃棄物として、廃プラスチック、紙くずなどを扱っています。一部、再資源化の最終行程として、プラスチック、紙くずと木くずを原料に、固形燃料・RPFを製造し、製紙工場に提供しています。

破 砕

プラスチックのみ
処理能力/4.64トン
 
混 合
処理能力/8.17トン

RPF(固形燃料)成形

処理能力/2.52トン

梱 包

処理能力/1.92トン

 

 

 

RE-BORN2018では、墨田区のペットボトル、産業系廃棄物のペットボトルと缶を扱っています。また、場内の一部を活用し、施設外就労を実施しています。

ペットボトルの
圧縮・梱包

処理能力/4.79トン
1ベール:
20〜22kg 
 
W110cm×D110cm×H105cm

缶の選別・圧縮

処理能力/
3.84トン(スチール缶)
1.29トン 
 (アルミ缶)
1ベール(スチール缶):
約15.56kg 
 
 W40cm×D40cm×H10cm 
1ベール(アルミ缶):
約5.7kg 
 
W40cm×D40cm×H10cm

リサイクルフロー図



LinkIcon